» 住まいのブログ記事

モデルハウスの案内係が住宅をお客さんに買わせようと無理強いをさせる行為をすることは禁止となっています。
案内係にももしかしたら仕事でのノルマがあるために、仕方がなく積極的すぎる接客を行うのではないかと思います。
けれどこれはある意味お客さんに対する脅迫に近い感じですし、後のクレームの要因にもなります。
モデルハウスに見学してきた人の中の気が弱そうな人には強制的に購入させることがあれば、もしかしたらそのお客さんの身を破滅させることもありえます。
また購入しなければならないような雰囲気を醸し出すことも同様に脅迫に近い感じですので、決してお客さんをそのような冒涜する行為は慎むことです。

今やインターネットで悪い情報はすぐに全世界に伝わりやすい状況になっています。
案内係が少しでもお客さんを蔑ろにするような行為はすぐに世間に知らされることになります。
そうなれば客足も途絶えて利益が出ませんし、案内係もノルマを達成することも出来ずに結果的には大損になります。
案内係は例えノルマがあろうと笑顔できちんとした接客を心がけることです。
そうすればガツガツとした接客よりもお客さんは住宅を購入しようという意思を見せてくれる可能性があります。

モデルハウスの住宅は、一般公開している期間が終わると売りに出されることがあります。
モデルハウスは普通の住まいよりも少し安い価格で売りに出されることが多いので、家を安く購入したいという人がいれば家をモデルハウスを購入してもいいと思います。
またそのモデルハウスを見学して気に入ったのであれば、そこのモデルハウスを狙っておくという方法もあります。
人気のモデルハウスであれば、抽選で決まることもあります。
住宅を購入する方法のひとつとしてこのような方法もあるということを知っておいてもいいと思います。

モデルハウスを購入するデメリットとしては、色々な人が見学をしているので家の構造がばれていることや、一般公開をしていたので汚れがあったり、少し劣化をしている可能性があるということです。
気にならない人はいいと思いますが、やはり新築の家がいいという人にはあまりオススメできません。私も見学をしたモデルハウスが、一般の人が買って普通の住まいになっていました。

しかしモデルハウスでもかまわないという人にとっては相場よりも安く住宅を購入することができますから、いいことだと思います。
安くなる理由も欠陥住宅とうわけでもないので安心です。